スウェーデン・ミステリって

今、仕事の関係でスウェーデン・ミステリ小説を読んでます。来月頭までに4冊読まなければなりません。書評家というより夏休みの宿題をやらなければならない小学生の心境です。

日本でも『ドラゴン・タトゥーの女』の映画が話題になって「スウェーデン・ミステリ面白いかも!」って思った方はいらっしゃるかもしれません。マニアックな方はスウェーデン版の映画から目をつけられていたかもしれませんし、スウェーデン好きな方は『刑事ヴァランダー』あたりから既に気にされていたかもしれませんが、その魅力はなんでしょう。

私は仕事で読んでいるというのもあるかもしれませんが、日本では馴染みのない人名や地名に翻弄されつつあります。なかなか情景がイメージできません。今のところたくさん地名が出て来ましたが、ストックホルムくらいしか頭に残りません。しかも行ったことないですから、団地とか言われても高島平か北千住くらいのイメージしか湧きません。

でも面白いです。曇った空しかイメージできない世界観とでも言いましょうか。ごめんなさい。適当なこと言ってますね。読みます。


コメント

このブログの人気の投稿

あけました! おめでとうございます!

もはやゲーム実況とは呼べない何か